Loading

季節候の樂

「春夏秋冬」の四季だけではなく、二十四の「節気」、七十二の「候」が綴る美しい詞を記しました

鴻雁北

鴻雁北

二十四節気「清明」次候
七十二候「鴻雁北」こうがんきたにかえる

雁がまた、北に帰る季節を向かえました。

「雁風呂」「雁供養」という季語があり
津軽地方に、北から来た雁が
海で浮かべて休む為
木片を持って旅をするそうです。

浜辺にたどり着くと落とされて
また、翌春北に帰るときに
その木片をくわえ、北に旅にでるそうです。

浜辺に残された木片は、
亡くなった雁の物。
供養のため、木片で風呂を沸かしたという
北国に残る民話が「季語」になっております。